運営者プロフィール
「831seri」は、
生産者 、仲卸、小売販売 、IT
の各専門家の4者がそれぞれの立場で、農業を盛り上げてく為の流通を目指しています。

田中 哲平

田中 哲平

アグリカルテット 代表取締役


1980年大阪生まれ。
子供のころから野菜好きで、大学卒業後に農家になろうと考える中、「ものを売る」勉強のために4年間営業職に就く。

2006年に株式会社農業総合研究所、代表取締役社長の及川智正氏と出会い、産地直送の八百屋の運営に参画。
2007年から10年間、産地直送青果物の販売会社の取締役として、小売店の運営、飲食店、スーパーへの卸事業の運営に携わり、また、青果物バイヤーとして、北海道から沖縄まで数百人の生産者の元を訪問する。
生産者が販売価格を自ら決定し、中間流通を挟まず、ダイレクトに購入者へ青果物を届ける「831seri」を通じ、

より、スピーディに
より、安く
より、美味しい野菜、果物

をお届けして参ります。

大西 雅彦

大西 雅彦

キャルファーム神戸代表・ アグリカルテット 取締役

1974年神戸産まれ。
元JA全国農業青年部組織協議会会長。
高校卒業後、機械設計会社勤務を経て、2001年に後継者として就農。
トマト市場出荷のみから農業経営を開始し、以後契約出荷、個人出荷へと時代のニーズに合わせ出荷先、栽培時期、方法、品目を変化するとともに、加工品製造、農業体験など六次産業化や、就農支援や事業などを手がける。

農業を通じて大切にしていることは、「農産物は自然からの恵み」であること。

昨今の、工業製品と同じような仕組みでの市場(しじょう・マーケット)流通ではなく、作り手と買い手が旬の恵みを通じて繋がっていく、昔ながらの市場(いちば)のように活気溢れる場所として、831seriを発展させていければと考えております。

林 弘明

林 弘明

株式会社フルサポート 食品事業部 部長

1962年京都生まれ。
私は、22年間大手宅配業者で勤務して、退職後、家業の農家を手伝い、青果の卸を始めて10年になります。
今回、この831seriを始めようと思ったのは、生産者の方から、何を作ったら売れるの?
お客様からは、この野菜を探して欲しい。
こんな野菜作ったんだけど売れないかなぁ。
など、生産者の方が見えてない部分、購入者の方が見えてない部分を繋ぐことが出来ればもっと上手く流通が出来るのではないかと思ったからです。
日本は広い、私の知らないところで生産されている野菜がドンドン出荷されて来たらと、ワクワクしています。

831seriってどんなもの?

【理念】
831seriは、日本の農家のためのオンライン市場とオークションハウスです。
日本の農家(生産者)様と購入者様を直接結びつけることが目標です。

【概要】
生産者様それぞれが店舗を持つことで、「野菜・果物・その他の関連商品」「販売」することができます。
831seri「価格設定がされている商品の販売」「オークションによる販売」の2つの主要な部分に分かれておりますが、同一のアカウントで両方の商品を取り扱うことができます。
購入者様は実際の市場に訪れずに商品を購入することができ、831seriを通して売買のプロセスをオンラインで行なえます。

(1)生産者831seri「価格設定商品/オークション商品」を出品します。
(2)購入者831seriから欲しい商品を探し、購入します。
(3)購入者は選択した支払い方法にて831seriに送金します。
(4)生産者は商品が販売されたお知らせと発送指示を831seriから受け取ります。
(5)生産者より購入者に商品を配送します。
(6)831seriより生産者へ引き出し可能の連絡が行われます。
(7)生産者831seriへ引き出し要求を行います。
(8)831seriは銀行振込で生産者の口座に送金します。